死亡して3か月以上経過してから相続放棄をした事例

ご依頼者の属性

40歳代 女性

ご相談に至った経緯

遠くに兄が住んでいましたが、長く連絡を取っていませんでした。兄はこれまで結婚したことはなく、子供もいないようでした。

ある日、兄が亡くなったことを知りました。兄が亡くなったのを知ってから3か月以上経ってから、兄の住んでいた地域の市役所から手紙が届き、兄には市役所への多額の税金の滞納があることが分かりました。

そのため、相続放棄について弁護士へ相談しました。

弁護士の関わり

相談者は、兄が亡くなったのを知ってから3か月以上経過していましたが、亡兄に債務があるのを知ってからは3か月以内でした。

そのため、相続放棄が可能と判断して、亡兄の住所地の家庭裁判所へ相続放棄の申述の手続を行いました。

戸籍などの必要書類については、弁護士において取り寄せました。

担当弁護士からのコメント(担当:小泉)

相続放棄は、相続の開始があったことを知った時から3か月以内であれば可能です。

亡くなったことを知ってから3か月以上経過していても、債務があるのを知ってから3か月以内であれば相続放棄ができる場合もありますので、3か月経過しただけで諦めずに弁護士にご相談ください。

弁護士による相続の相談実施中!

相続の無料相談実施中弁護士法人リブラ共同法律事務所では、初回相談は50分無料ととなっております。

「遺産分割でトラブルになってしまった」

「不安なので相続手続きをおまかせしたい」

「子どもを困らせないために生前対策をしたい」

などのニーズに、相続専門の弁護士がお応えいたします。

お気軽にご相談ください。

相談の流れについてはこちら>>>

メールでの相談予約は24時間受け付けております。

当事務所の相続問題解決の特徴

1、弁護士・税理士・司法書士の相続の専門家による丁寧なサポート

2、初回相談50分無料

3、相続問題解決実績100件以上の安心

4、完全個室で秘密厳守

5、地下鉄新さっぽろ駅徒歩1分の好立地

詳しくはこちらから>>>

相続解決事例の最新記事

相続トラブルでお困りの方へ 無料相談予約はこちら メール