相続でお困りの方へ

相続相談

高齢の方の多くは、これまでに築いた財産をお持ちの事と存じます。

その財産が自宅などの不動産、預貯金、株式などであるかにかかわらず、相続の発生により、誰がどの財産を相続するかということは大きな問題となり得ます。

相続では親族間の心理的な衝突に起因し、感情的な対立から紛争が長期化しやすい傾向がございます。このことは必ずしも遺産の多寡にかかわるものではなく、少額の遺産を巡り、兄弟間で長期間対立することもございます。

当事務所では、相続が発生するまでは必ずしも仲が悪かったわけではない親族が、遺産を巡り対立し、関係を修復できなくなることは、遺産を残した被相続人の希望するものではなく、できる限り避けるべきものと思っております。このような思いから、私たちは死後の事後的な解決よりも、遺言を作成する等、生前の対策をお勧めしております。

また、遺言が残されていないなど、生前の対策が間に合わずに相続が発生し、止む無く相続が紛争化する場合もございます。

そのような場合には、依頼者の利益を最大限に守るため、法律に基づき、最適な解決を目指しております。当事者同士が専門的な知識のないまま話し合うことにより感情的な対立を引き起こす場合もございますので、相続についてお悩みの方は早目に相続の専門家である弁護士にご相談ください。
当事務所は相続について悩まれている方の味方になり、紛争の防止・解決に尽力しております。

 

当事務所によくお問い合わせいただく相談内容

 

0120-661-760相談受付時間 平日9:00~20:00
(365日対応)

0120-661-760相談受付時間 平日9:00~20:00
(365日対応)

メニュー ホーム メール TEL