お電話でのお問い合わせ
MENU

法定相続とは

財産のある方が、遺言せずに亡くなると、その財産は民法で定められた相続人へ、決められた分が渡ります。これを「法定相続」といいます。

「法定相続分」とは、法定相続によって相続人に相続される相続財産の割合をいいます。
ですから、法定相続分を知ることは、誰にいくらが相続されるのかを知るひとつの目安となります。
遺言書は、亡くなった方の自由意志を反映させるものですが、後々もめないようにするには、作成時にまず参考にされるべきものが法定相続分なのです。

遺言書をあらかじめ作っていれば、法定相続分と異なる相続をさせることが可能です。

ただし、この場合、遺言書が相続人の遺留分を侵害するものではないか、というトラブルが生じるケースがあります。

法定相続人の順位または割合

順位 法定相続人 割合
1 子と配偶者 子=二分の一
配偶者=二分の一
2 直系尊属と配偶者 直系尊属=三分の一
配偶者=三分の二
3 兄弟姉妹と配偶者 兄弟姉妹=四分の一
配偶者=四分の三

遺言書がない状況で被相続人が亡くなると、法定相続では以下のように決められています。
・配偶者は常に相続人
・直系尊属は、子がいない場合の相続人
・兄弟姉妹は、子と直系尊属がいない場合の相続人

当事務所のご相談内容

    • 相続財産の分け方でお困りの方へ
    • 最低限の相続分が受け取れない方へ
    • ご自身の相続の準備をお考えの方へ
    • 相続人・財産の調査を実施されたい方へ
    • 相続財産の使い込みが疑われる場合
    • 相続放棄を実施されたい方へ

 

下記のようなことでお困りではありませんか?
相続財産の分け方で困っている
「親族が揉めていて話し合いが進まない」
「相続財産で争いたくない」 このような方はこちらをクリック
最低限の相続分がもらえない
「親の財産を相続できない」
「遺言に自分の相続分が書いていない」 このような方はこちらをクリック
自分の相続に備えて準備がしたい
「家族に自分の財産をのこしたい」
「相続人以外に財産を残したい人がいる」 このような方はこちらをクリック
相続する人・財産を知りたい
「故人の財産を相続する人がわからない」
「相続財産がどこに何があるのかわからない」 このような方はこちらをクリック
相続手続をおまかせしたい
「遺言の内容で相続手続を進めてほしい」
「相続手続が面倒ですべておまかせしたい」 このような方はこちらをクリック
故人の負債を引き継ぎたくない
「故人が借金をのこしていた」
「借金を相続するのはなんとしても避けたい」 このような方はこちらをクリック