ご自身の相続に備えて準備がしたい方へ

「家族間の仲が悪く、自分の死後相続トラブルになりそうだ」

「介護で特に世話になった子に多くの財産を承継したい」

「法定相続分とは違う割合や方法で、家族に財産を譲りたい」

「家族信託がこれからの相続対策に有効とは聞いたけど、どうなのか知りたい」

相続対策をお考えの際に、上記のようなことを思っていませんか?

そこで、ここではご自身で進めることができる相続対策として、「遺言書の作成」「家族信託」についてまとめさせていただいております。

遺言書の作成について

「家族間の仲が悪く、自分の死後相続トラブルになりそうだ」

「介護で特に世話になった子に多くの財産を承継したい」

「法定相続分とは違う割合や方法で、家族に財産を譲りたい」

上記のようなことをお考えの方におすすめしているのが、認知症にならない、元気なうちに「遺言書」を作成いただくことです。

認知症になってしまうと遺言書の作成ができなくなりますので、できれば50代から60代のころ、早期に作成いただくことをおすすめしております。

遺言書の作成をしたい方へ>>

遺言書を作成すべき理由について>>

また、遺言書には主に2種類あります。ご自身で作成する「自筆証書遺言」と公証役場で作成いただく「公正証書遺言」です。

当事務所の弁護士がおすすめしているのは、トラブルの発生するリスクが低い「公正証書遺言」です。

ぜひ、下記リンクよりその理由をお読みください。

当事務所の弁護士が公正証書遺言をおすすめする理由について詳しくはこちら>>

家族信託について

新しい相続対策として注目されている「家族信託」

実際にどのような対策ができるか、について当事務所の弁護士が解説しております。

家族信託とは>>

当事務所によくお問い合わせいただく相談内容

 

この記事の執筆者

弁護士法人リブラ共同法律事務所

代表弁護士 菅原 仁人

専門分野

相続、離婚など家事事件

経歴

中央大学法学部卒業後、平成21年に弁護士登録、札幌の法律事務所に入所。3年半の勤務を経て北海道リブラ法律事務所(現弁護士法人リブラ共同法律事務所)を設立。

札幌地域の離婚や相続など、家事事件を主に取り扱っている。現在は札幌市内2か所、札幌と新札幌にそれぞれ拠点を構える弁護士法人の代表として活動している。

詳しい弁護士紹介はこちら>>

0120-661-760相談受付時間 9:00~20:00
(365日対応)

0120-661-760相談受付時間 9:00~20:00
(365日対応)

メニュー ホーム メール TEL