お電話でのお問い合わせ

遺言作成サポート

この記事を読むのに必要な時間は約5分2秒です。
遺言作成をお考えの方へ

遺言はただ書くだけでは不十分で、正しい形式・内容で作成することが大切です。自分で作成する前にぜひ一度専門家へご相談ください。

遺言とは

遺言とは、遺言者の最終の意思を表したものです。自分の財産について、誰に何を相続させるか、自由に決めることができます。さらに、 財産に関する事項以外にも遺言で定めることができますが、遺言の内容に法律効果をもたらすことができる事項は、法律で決まっています。

この事項を『遺言事項』といいます。

なお、遺言は遺言を残したい方それぞれで作成します。また、遺言は、文字で残すことを原則とし、後日の改変が可能なビデオテープや録音テープなどは認められていません。

遺言を書く際のポイント

遺言の種類によって、法律で厳格に書き方が定められています。せっかく書いた遺言書も、書式に不備があったことで、遺言書自体が無効になることがあります。法的に有効で、ご自身の死後、実現される遺言書を作成するために一度専門家にご相談することをおすすめします。

当事務所の遺言作成に関する相談事例

・財産のうち不動産は長男に引き継いでほしいので、そのような遺言を作成したい
・自分が亡くなった時に、子供達が相続でもめないように、事前に誰に何を渡すかを決めておきたい。
・絶縁状態にある子供には、財産を渡したくない
・子供がいないので、自分の財産はお世話になった施設や慈善団体に寄付したい

当事務所では、遺言作成について、このような相談内容でも無料相談をお受けしております。

具体的にどのようなことが当事務所でできるか、ご提案させていただきますので、遺言作成をご検討の方は、一度当事務所の無料相談をご利用ください。

当事務所の無料相談について>>

遺言の解決事例

〇遺言作成によって、長年世話になった遠縁の親戚に遺産を残すことができた事例
〇介護施設において公正証書遺言を作成した事例
〇遺言で前妻の子と後妻の紛争を未然に防いだ事例

弁護士による相続・遺言の相談実施中!

弁護士法人リブラ共同法律事務所では、初回相談は50分無料ととなっております。

相続に強い弁護士がお応えいたします。

お気軽にご相談ください。

相談の流れについてはこちら>>>

メールでの相談予約は24時間受け付けております。

当事務所の相続問題解決の特徴

1、弁護士・税理士・司法書士の相続の専門家による丁寧なサポート

2、初回相談50分無料

3、相続問題解決実績100件以上の安心

4、完全個室で秘密厳守

5、地下鉄新さっぽろ駅徒歩1分の好立地

詳しくはこちらから>>>

当事務所の作成サポートサービス

※価格は全て税込価格です。

遺言書作成の費用

希望する遺言の内容を法的に問題がない「遺言書」の形式にして代書いたします。

(内容についての提案はございません)

費用
自筆証書(公正証書)作成報酬 5.5万円~

遺言コンサルティングサポート

遺言コンサルティングサポートとは、お客様の現状や希望を確認し、遺言内容のアドバイスや提案、実際の作成手続きも実施するサポートです。

当事務所では単に遺言書の作成を代行するような業務ではなく、お客様が後悔しない最適な遺言を作成するためのサポートを実施しております。

「遺言内容にアドバイスが欲しい」「自分の家族や親族の状況に最適な『遺言書』を作ってほしい」といった方にお勧めのサポートとなっております。

相続財産の価額 費用
2,000万円未満 16.5万円~
2,000万円~4,000万円未満 22万円~
4,000万円~6,000万円未満 27.5万円~
6,000万円~8,000万円未満 33万円~
8,000万円~1億円未満 38.5万円~
1億円~ 要見積もり

 

遺言執行

22万円+金融機関法人数×3.3万円+遺産評価額の3.3%

※単なる不動産の相続登記手続の部分は遺産評価額に算入いたしません

この記事の執筆者

弁護士法人リブラ共同法律事務所

代表弁護士 菅原 仁人

専門分野

相続、離婚など家事事件

経歴

中央大学法学部卒業後、平成21年に弁護士登録、札幌の法律事務所に入所。3年半の勤務を経て北海道リブラ法律事務所(現弁護士法人リブラ共同法律事務所)を設立。

札幌地域の離婚や相続など、家事事件を主に取り扱っている。現在は札幌市内2か所、札幌と新札幌にそれぞれ拠点を構える弁護士法人の代表として活動している。

詳しい弁護士紹介はこちら>>

下記のようなことでお困りではありませんか?
相続財産の分け方で困っている
「親族が揉めていて話し合いが進まない」
「相続財産で争いたくない」 このような方はこちらをクリック
最低限の相続分がもらえない
「親の財産を相続できない」
「遺言に自分の相続分が書いていない」 このような方はこちらをクリック
預金を使い込まれた方
「相続財産を使い込まれてしまった」
「通帳に不審な出金が記帳されている」 このような方はこちらをクリック
相続財産に不動産が含まれている方
「不動産の評価方法で揉めている」
「不動産の分割について話がまとまらない」 このような方はこちらをクリック
相続の手続をおまかせしたい
「故人の遺言が出てきて困っている」
「相続手続が面倒ですべておまかせしたい」 このような方はこちらをクリック
故人の負債を引き継ぎたくない
「故人が借金をのこしていた」
「借金を相続するのはなんとしても避けたい」 このような方はこちらをクリック