お電話でのお問い合わせ

相続人の一人が遺産分割協議に応じなかったが早期の解決ができた事例

この記事を読むのに必要な時間は約1分22秒です。

相続人の一人が遺産分割協議に応じない場合の対応方法

依頼者属性

70代 女性

相談背景/課題/争点

相談者の夫が亡くなり、相談者に加え夫の兄弟やその子が相続人となったことから、弁護士に依頼して遺産分割協議を行いました。

弁護士の活動

弁護士は全ての財産を相談者に相続させてもらいたいと相続人と協議し、一人を除き合意を得ましたが、一人から回答がありませんでした。

結果

協議による解決を断念し、遺産分割調停を申立てたところ、相続人が遺産分割協議に出席し、遺産分割調停が成立しました。

解決までの期間

8か月

事件解決のポイント

遺産分割協議を行おうとしても、相続人から回答をいただけない場合がございます。
そのような場合は、遺産分割調停を申立てると、裁判所の呼び出しを無視できずに調停に出席する方も多いので、早期に解決することも多いです。

弁護士介入のメリット

弁護士に遺産分割協議を依頼することで、協議が成立しない場合に早期に遺産分割調停に移行することができます。
また、本件は遺産分割調停申立前に相続人の一人が亡くなってしまいましたが、遺産部活調停を想定して相続分の譲渡を受けていたことで相続人の一人が亡くなられた影響は最小限に留めることができました。

 

相続解決事例の最新記事

下記のようなことでお困りではありませんか?
相続財産の分け方で困っている
「親族が揉めていて話し合いが進まない」
「相続財産で争いたくない」 このような方はこちらをクリック
最低限の相続分がもらえない
「親の財産を相続できない」
「遺言に自分の相続分が書いていない」 このような方はこちらをクリック
預金を使い込まれた方
「相続財産を使い込まれてしまった」
「通帳に不審な出金が記帳されている」 このような方はこちらをクリック
相続財産に不動産が含まれている方
「不動産の評価方法で揉めている」
「不動産の分割について話がまとまらない」 このような方はこちらをクリック
相続の手続をおまかせしたい
「故人の遺言が出てきて困っている」
「相続手続が面倒ですべておまかせしたい」 このような方はこちらをクリック
故人の負債を引き継ぎたくない
「故人が借金をのこしていた」
「借金を相続するのはなんとしても避けたい」 このような方はこちらをクリック