お電話でのお問い合わせ
MENU

遠方の裁判所で電話会議システムを利用して遺産分割調停を行った事例

ご依頼者の属性

依頼主 50代 男性

ご相談に至った経緯

依頼者やその両親や兄弟も関東地方で生活していましたが、両親が亡くなり遺産分割をすることとなりました。
しかし、協議での解決が困難となり、遺産分割調停を申立てなけれならなくなりましたが、遺産分割調停は原則として相手方の住所を管轄する家庭裁判所に申立てなければならないため、相手方が居住する遠方の裁判所に離婚調停を申立てなければなりませんでした。

弁護士の関わり

遠方の裁判所で遺産分割調停を行う場合、電話会議システムを利用することができます。
裁判所に電話会議システムの利用を希望し、新札幌の私の事務所と関東地方の家庭裁判所の間で電話でやり取りをして調停を進めることができ、調停の度に毎回関東地方に行くことなく解決できました。

担当弁護士からのコメント(担当:菅原仁人)


電話会議システムを利用できるのは弁護士に限られるため、遠方の裁判所への出席が負担になる方は弁護士にご依頼ください。
当事務所では、相談室に電話会議に対応できる機械を導入していますので、弁護士と一緒に調停に臨むこともできます。

相続解決事例の最新記事

下記のようなことでお困りではありませんか?
相続財産の分け方で困っている
「親族が揉めていて話し合いが進まない」
「相続財産で争いたくない」 このような方はこちらをクリック
最低限の相続分がもらえない
「親の財産を相続できない」
「遺言に自分の相続分が書いていない」 このような方はこちらをクリック
自分の相続に備えて準備がしたい
「家族に自分の財産をのこしたい」
「相続人以外に財産を残したい人がいる」 このような方はこちらをクリック
相続する人・財産を知りたい
「故人の財産を相続する人がわからない」
「相続財産がどこに何があるのかわからない」 このような方はこちらをクリック
相続手続をおまかせしたい
「遺言の内容で相続手続を進めてほしい」
「相続手続が面倒ですべておまかせしたい」 このような方はこちらをクリック
故人の負債を引き継ぎたくない
「故人が借金をのこしていた」
「借金を相続するのはなんとしても避けたい」 このような方はこちらをクリック