【弁護士コラム】遺留分ってなに?

ご質問内容

半年前,夫が亡くなりました。私たち夫婦には子どもがいません。

夫は生前,夫亡き後の私の生活を非常に心配して,夫の財産を全て私に相続させるという遺言書を残してくれていました。

そのおかげで夫の財産を無事引き継ぐことができて一安心していた矢先,夫と仲が悪かった弟から「俺にも遺留分があるから兄貴の財産を少しよこせ。」という連絡が来ました。私は夫の弟に遺産を分けなければならないのでしょうか。

 

弁護士からの回答

相続相談は弁護士まで

遺留分とは,一定の相続人に留保された相続財産の割合を言います。遺言書で財産を相続できないこととなった法定相続人にも,最低限残された取り分と言うとわかりやすいかもしれません。

このような遺留分の制度が設けられているのは,被相続人の財産処分の自由を認めつつ,残される相続人の遺産に対する一定の期待を保護するためなどと言われています。

それでは,ご相談の件で,弟からの兄の遺産に対する遺留分の主張が認められるのでしょうか。結論から言うと,「NO」ということになります。

遺留分の権利が認められる法定相続人は,妻や子,親のみであり,「兄弟姉妹」はここから除かれているのです。つまり,兄弟姉妹には遺留分がありません。したがって,今回のご相談者さんは,亡き夫の弟からの請求に応じる必要はないということになります。

(担当弁護士:菅原 仁人)

相続で揉めたら弁護士へ相談

相続Q&Aの最新記事

メニュー ホーム メール TEL