お電話でのお問い合わせ

相続手続きサポート(対象:不動産+預貯金)

この記事を読むのに必要な時間は約4分33秒です。

不動産と預貯金以外の手続きについてはこちらをご覧ください>>>

 

相続の手続きに関して、以下のようなお悩みはありませんか?

☑ 仕事をしていて、平日に役所や法務局へ行く時間が無い

☑ 相続手続きが煩雑で自分で対応するのが面倒である

☑ 初めてで、何から手を付けて良いか分からない、不安がある

☑ 不動産の名義変更と預貯金の解約手続きのみに絞り弁護士報酬を節約したい

 

\\このようなお悩みをお持ちの方は当事務所の無料相談をご利用ください//

上記のようなお悩みをお持ちのお客様のために、当事務所では、不動産の名義変更や預貯金の解約など、相続手続をワンストップでお引き受けいたします。

このようなお悩みをお持ちの方は、まずは当事務所の無料相談をご利用ください。

 

相続手続きの流れと“つまづき”ポイント

「自分でやってみたけど、思ったより手こずるもの」

「通常はスムーズだが、事情によっては手こずるもの」

「手続きに専門家が必要になるもの」等々、

相続の相談をお受けする中で、様々な“つまづき”ポイントが分かってきました。

これから相続手続きを進める方にとっての道標となるよう、それらを色分けして分かりやすくまとめてみました。

 

相続手続きサポートとは

相続に関する手続きは、多岐にわたりますが、

「相続手続きサポート」とは。その中でも不動産と預金の手続きに絞ったサポートです。

 

戸籍収集等は書類が多く、全てを集めるには相当な労力が必要な上に、

収集時に少しでも不備があると、もう一度やり直す必要が出てきます。

 

相続手続きサポートとは、この様々な手続き中でも特にメインとなる

相続手続きである不動産、預貯金に関する全ての相続手続きを

お客様のご希望に応じてお引き受けするサービスです。

 

相続手続サポートのメリット

遺産整理業務よりもリーズナブルに対応!

不動産と預貯金の相続手続のみを実施いたしますので、

相続手続業務の一括依頼となる「遺産整理業務」よりもリーズナブルな報酬で対応可能です。

弁護士報酬を節約したい方や、相続手続に関しては専門家に依頼したいという方におすすめのプランです。

 

主な相続手続を全て代行します!

相続手続に必要な戸籍収集から不動産の名義変更と預貯金の解約まで弁護士が全て代行いたしますので、お客様に手間はかかりません。

 

相続の専門家が対応!

相続に強い専門家がお客様のご状況とご要望に合わせた、

最適なサポート内容と料金プランを用意しています。

 

相続手続きサポートの内容と流れ

①初回無料相談

相続問題に精通する弁護士が、ご相談者のお悩みを丁寧にお伺いいたします。

 

②委任契約書の締結

ご相談にいらっしゃっても、必ず契約しなければならない、ということはありません。

ご依頼になった場合は委任契約書の締結を行わせていただきます。

 

③戸籍関係書類の取得、相続図・遺産分割協議書の作成

 

④相続財産調査・財産目録の作成

相続財産調査は依頼人の方からの申告を基に行います。

 

⑤遺産分割協議のサポート、遺産分割協議書の作成

 

⑥名義変更手続き

不動産の名義変更・預貯金の解約を行います。

 

⑦相続財産の活用(不動産の売却・運用等)についてのサポート

 

⑧完了のご報告

 

相続手続きサポートの費用(対象財産:不動産+預貯金)

経済的利益額 費用
4000万円未満の場合 20万円
4000万円~6000万円未満の場合 25万円
6000万円~8000万円未満の場合 30万円
8000万円~1億円未満の場合 35万円
1億円以上~1.2億円未満の場合 40万円
1.2憶円以上の場合 別途お見積

 

 

下記のようなことでお困りではありませんか?
相続財産の分け方で困っている
「親族が揉めていて話し合いが進まない」
「相続財産で争いたくない」 このような方はこちらをクリック
最低限の相続分がもらえない
「親の財産を相続できない」
「遺言に自分の相続分が書いていない」 このような方はこちらをクリック
預金を使い込まれた方
「相続財産を使い込まれてしまった」
「通帳に不審な出金が記帳されている」 このような方はこちらをクリック
相続財産に不動産が含まれている方
「不動産の評価方法で揉めている」
「不動産の分割について話がまとまらない」 このような方はこちらをクリック
相続の手続をおまかせしたい
「故人の遺言が出てきて困っている」
「相続手続が面倒ですべておまかせしたい」 このような方はこちらをクリック
故人の負債を引き継ぎたくない
「故人が借金をのこしていた」
「借金を相続するのはなんとしても避けたい」 このような方はこちらをクリック