お電話でのお問い合わせ

相続業務に注力されている士業事務所様へ

この記事を読むのに必要な時間は約4分13秒です。

~「弁護士法人リブラ共同法律事務所」が貴事務所の相続サポートを通して、顧客の相続問題解決を支援いたします~

 

弁護士法人リブラ共同法律事務所は、ホームページやセミナー、相談会などを通じて相続、遺産分割、遺留分などのご相談をいただいておりますが、司法書士、税理士、行政書士など他士業の先生方からも相続問題や紛争などに関するご相談を多数いただいております。

 

他士業事務所様との連携では、相続問題解決経験豊富な弁護士法人としての強みを活かすことで、ご相談者の問題を早期に解決に導くための相続調査から相続紛争対応、その後の相続名義変更手続(司法書士、行政書士、税理士の先生方で対応)までをワンストップに対応、顧客満足度向上に貢献させていただきます。

 

・相続業務に精通した弁護士、法律事務所の付き合い先がない

・お付き合い先の弁護士が相続に詳しくなく、相談しにくい

・相続紛争の見込み客を紹介しても、コミュニケーション・連絡が不十分である

・知り合いの弁護士の相談に対するレスポンスが遅くて困っている

・年齢が離れており気軽に相談がしにくい。敷居が高い

・こちらから紛争案件を紹介しても、相続手続(登記、申告など)の紹介がない

 

このような司法書士、税理士、行政書士の先生方はぜひ一度お問い合わせください。

 

当事務所の「士業事務所様連携 相続サポート」

1.貴事務所の相続顧客に関するご相談に無料で対応させていただきます

司法書士、税理士、行政書士の先生方に寄せられた相続相談の中で、相続紛争のリスクがある事案やなかなか相続が進まない困難案件などがあれば、当事務所にお気軽にご相談下さい。

貴事務所紹介の案件であれば、無料相談にて対応させていただきます。

お電話、メール、チャットなど貴事務所のコミュニケーションツールに合わせて、できる限り迅速にご連絡ができる体制を用意しております。

 

2.貴事務所相続顧客の中で、対応が難しいご相談案件もお気軽にご相談下さい

司法書士、税理士、行政書士がご相談を受けたり、受任された案件の中で相続紛争のリスクがあるなど弁護士が介入した方が良い事案があれば、お気軽にご相談下さい。

スムーズに引継ぎをさせていただき、遺産分割交渉、調停・審判などの手段をもって、お客様の問題解決に貢献いたします。

 

3.ご紹介事務所様との連携対応し、貴事務所案件創りに貢献します

他士業事務所様から寄せられる法律事務所に対する「弁護士に案件紹介しても相続手続案件が返ってこない」というご不満を良くお聞きします。

当事務所にご紹介いただいた事案は、戸籍収集、財産調査、そして遺産分割交渉、調停などが終わった後の相続登記、相続税申告などの手続事案について、可能な限りご紹介先事務所様にご対応いただくように努めております。

 

連携対応イメージ

1.相続調査(相続人確定、相続財産調査など):司法書士、税理士、行政書士

戸籍収集、遺産分割協議書作成、残高証明書発行・確認など、相続人確定や相続財産調査などの「相続調査」については、ご紹介元事務所様に対応いただきます。

 

2.遺産分割、遺留分、遺言無効など相続紛争のサポート:当事務所(弁護士)

相続紛争、相続トラブルに関する対応は当事務所が対応いたします。また、相続人間で遺産分割がまとまりにくいケースもご相談いただければ、代理人として介入することでスムーズに遺産分割をまとめるお手伝いをさせていただきます。

 

3.相続手続代行、終結対応:司法書士、税理士、行政書士

2の相続紛争対応を終え、遺産分割協議がまとまった後に発生する相続手続(相続登記、預貯金など財産の解約・名義変更手続き)、相続税申告などの業務はご紹介元事務所様にご対応いただきます。

下記のようなことでお困りではありませんか?
相続財産の分け方で困っている
「親族が揉めていて話し合いが進まない」
「相続財産で争いたくない」 このような方はこちらをクリック
最低限の相続分がもらえない
「親の財産を相続できない」
「遺言に自分の相続分が書いていない」 このような方はこちらをクリック
預金を使い込まれた方
「相続財産を使い込まれてしまった」
「通帳に不審な出金が記帳されている」 このような方はこちらをクリック
相続財産に不動産が含まれている方
「不動産の評価方法で揉めている」
「不動産の分割について話がまとまらない」 このような方はこちらをクリック
相続の手続をおまかせしたい
「故人の遺言が出てきて困っている」
「相続手続が面倒ですべておまかせしたい」 このような方はこちらをクリック
故人の負債を引き継ぎたくない
「故人が借金をのこしていた」
「借金を相続するのはなんとしても避けたい」 このような方はこちらをクリック