遺留分と遺留分減殺請求

遺留分の相談は弁護士へ「遺留分」とは、相続に際して、被相続人の財産のうち、一定の相続人に承継されるべき最低限の割合のことです。
被相続人は、原則として、遺言なり生前贈与によって、自由にその財産を承継させることができるのですが、遺留分はこれに対して一定の制限効果を持ちます。遺留分は、放っておいても当然にもらえる、というわけではありませんので、請求する必要があります。これを「遺留分減殺請求」と言います。
例えば、被相続人が遺言や生前贈与で、全財産を特定の子供だけに譲るとか、愛人に譲る、というような場合に、遺留分減殺請求を行うことができます。各相続人の遺留分として法律で定められているのは、以下の通りです。

1 法定相続人が配偶者と子の場合

配偶者:相続分の1/4
子:相続分の1/4

2 法定相続人が配偶者と父母の場合

配偶者:相続分の1/3
父母:相続分の1/6

3 法定相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合

配偶者:1/2
兄弟姉妹:遺留分なし

※同順位の相続人が複数いる場合は人数に応じて均等割りとなります。

・遺言書が出てきたが、自分の遺留分が侵害されている
・遺留分減殺請求を行いたい

このような場合は、弁護士にご相談ください。

弁護士による相続の相談実施中!

相続の無料相談実施中弁護士法人リブラ共同法律事務所では、初回相談は50分無料となっております。

「遺産分割でトラブルになってしまった」

「不安なので相続手続きをおまかせしたい」

「子どもを困らせないために生前対策をしたい」

などのニーズに、相続専門の弁護士がお応えいたします。

お気軽にご相談ください。

相談の流れについてはこちら>>>

メールでの相談予約は24時間受け付けております。

当事務所の相続問題解決の特徴

1、弁護士・税理士・司法書士の相続の専門家による丁寧なサポート

2、初回相談50分無料

3、相続問題解決実績100件以上の安心

4、完全個室で秘密厳守

5、地下鉄新さっぽろ駅徒歩1分の好立地

詳しくはこちらから>>>

遺留分請求の弁護士費用

着手金

20万円~

報酬金
経済的利益額 費用
300万円以下の場合 経済的利益額の16%
300万円を超え3000万円以下の場合 経済的利益額の10%+18万円
3000万円超え3億円以下の場合 経済的利益額の6%+ 138万円
3億円を超える場合 経済的利益額の4%+738万円

遺留分減殺請求について詳しくはこちら>>>

遺留分減殺請求をされた方へ>>>

遺留分減殺請求をしたい方へ>>>

相続トラブル解決サポート
遺産分割協議でお困りの方へ
遺産分割調停を申し立てたい方
遺産分割調停を申し立てられた方
遺産分割審判にお困りの方
遺留分について
遺留分を請求したい
財産の使い込み

当事務所によくお問い合わせいただく相談内容

相続トラブルでお困りの方へ 無料相談予約はこちら メール